所属弁護士紹介

当事務所に所属している弁護士をご紹介いたします。

菅田 貴博(すがた たかひろ) 所長・弁護士

 「弁護士に相談する場合って、紹介者とは必要なの」「弁護士に頼むと、すごくお金掛かるんだよね」などという話を一般の方から良く聞きます。一方で、離婚や相続・遺言などの家事事件に限らず、隣家との境界問題、家族が交通事故に巻き込まれた等、一般の方でも法的問題に直面する事は思いの外多くあるものです。 しかし、「弁護士の敷居」の問題から、これまで多くの方が法的問題に直面しても、弁護士に相談するのを躊躇してきました。そのため紛争がより複雑になり、長期化してしまう事も少なくありません。
 私は、いわきに生まれ育った人間として、そして、この地で法律事務所を開設した人間として、いわきの地の司法アクセス問題の解決をライフワークにしていきたいと考えています。
 「“誰でも、いつでも、気軽に”弁護士に相談できる」。本来はそうあるべきですし、それは法的代理権を独占する弁護士の責務だと思っています。
 私達の法律事務所は「敷居の高い」事務所ではありません。法的問題で悩む全ての方に開かれた事務所です。どうぞ、お気軽に相談していただきたいと思います。

詳細はこちら

稲田 義宣(いなだ よしのぶ) 弁護士

 私は高校卒業後に千葉に移動し、司法試験合格後は1年間東京で修習をして参りましたが、この度いわきで弁護士業を営むこととなりました。私が地元いわきで弁護士業を営もうと考えたきっかけは、震災後、いわきにはさまざまな人々が行き交うようになり、原発問題をはじめとした多くの法律問題を抱え込むようになったと感じたからでした。多くの人々が行き交うようになれば、必然的に人間関係の軋轢が生じやすくなります。ましてや、従前から住んでいる人々と、他の地から移り住んできた方が一緒になれば、文化や習慣のわずかな違いから衝突が起こる可能性が大きくなってしまうこともやむを得ません。
 また、多くの人々が行き交うようになれば、良くも悪くも町は変化を遂げていくものです。そのような変化の過程では、やはりさまざまな法律問題が生じやすいといえるでしょう。このような多種多様な法律問題に対して、法的考察力や分析能力を駆使し、依頼者が納得のいく解決をできる限り早期に実現できる弁護士を目指して、地元いわきに戻って参りました。
 弁護士業は不幸産業といわれ、人々の不幸せとともに仕事があると思われがちですが、問題を抱えることを未然に防ぐ、いわゆる予防法務という仕事もします。契約の内容に不備はないか、事業を始めるに当たり見落としていることはないか、そのような不安がある場合もぜひ弁護士を利用してください。
 私は、依頼者のためという大義名分があれば毅然とした対応しますが、普段は物腰が柔らかく頼りない人間に見えると言われます。どうぞ、市内で見かけた折などはお気軽にお声かけください。まとまりのない挨拶となり大変恐縮ではありますが、これからどうぞよろしくお願い致します。

詳細はこちら

  • 菅田 貴博(所長)
  • 稲田 義宣

0246-88-6464

受付時間  9:00~18:00
ご相談時間 9:30~19:30
     (土日・祝日は定休)

0246-25-5115

所属弁護士をご紹介
疑問にお答えします
所長菅田の声を掲載
現場の声を掲載
役立つ法律情報を更新
事務所からのお知らせ