福島県いわき市の弁護士事務所「すがた法律事務所」です。企業再生・再建交通事故、相続、離婚、不動産問題等、法律に関する問題はお気軽にご相談下さい。
不動産の名義変更に必要な手続きとは?相続の必要書類と費用を解説
2024.06.30
相続
不動産の名義変更に必要な手続きとは?相続の必要書類と費用を解説

この記事では、相続登記の手順と費用等をわかりやすく解説します。
なぜ名義変更が必要なのか、そのタイミングや手続きの基本的な流れ、放置した場合のリスクなどをお伝えします。

また、2024年4月1日より相続登記が義務化される理由やその対策、名義変更を怠った場合のデメリットもご紹介します。

土地を相続したら名義変更(=相続登記)が必要になる

土地を相続した際、名義変更(相続登記)が必要です。

これは、法律上の権利者が変わるため、不動産登記簿に記録されている権利者名を新たな相続人に書き換えるための手続きです。
名義変更を行わないと、土地の売却や贈与などの取引が行えません。
また、相続税の申告や、固定資産税の納付の際にも名義変更が求められることがありますので、適切な手続きを行うことが大切です。

名義変更が必要な理由

名義変更が必要な理由は、相続によって土地の所有権が移転するためです。
所有権の移転は、相続人に対して権利と義務が発生します。

例えば、固定資産税の納付義務や、財産の管理・維持に関する責任などです。
名義変更の手続きを行わないまま放置すると、相続人間のトラブルが発生する恐れがあります。
また、名義変更を行わないと、土地の売買などの取引ができず、相続税の申告も正確に行えません。
このような理由から、名義変更が必要とされています。

名義変更のタイミング

名義変更のタイミングは、相続が発生した後、遺産分割協議が終わった時点が適切です。

遺産分割協議で土地を分割する割合が決まり、相続人が確定したら、相続登記の手続きを進めていきます。
手続きには、相続人全員の同意が必要ですし、戸籍謄本や不動産登記簿謄本などの書類が必要となります。
また、相続登記は司法書士に依頼するのが一般的です。
手続きには時間がかかることがありますので、早めに準備を始めて、スムーズに名義変更ができるようにしましょう。

名義変更の基本的な流れ

名義変更の基本的な流れは、以下のステップで進められます。

  1. 該当する不動産(土地や建物)の現在の登記状況を確認します。
    法務局の登記簿謄本を取得して、権利者や登記の内容を把握しましょう。
  2. 名義変更に書類を集める必要があります。
    一般的には、協議書、登記申請書、権利証、戸籍謄本、印鑑証明書などが必要です。
  3. 書類が揃ったら、司法書士や弁護士に依頼して名義変更の手続きを進めます。
    専門家に相談することで、適切な方法や手続きの流れを理解できます。
  4. 名義変更の申請が法務局に受理されると、新たな権利者の名義が登記されます。
    この際に登記免許税が発生するため、その支払いも忘れずに。
  5. 名義変更が完了したことを確認するために、改めて登記簿謄本を取得しましょう。

名義変更は、遺産分割や贈与など様々なケースで行われます。
住民票の移転や住所変更など、他の手続きと連動することもあるため、注意が必要です。
また、名義変更にかかる費用や期限などは、個別のケースによって異なるので、事前に確認しておくことが大切です。
提出書類の様式についてもよく確認しましょう。

名義変更を怠った場合のリスク

名義変更を怠った場合、以下のようなリスクが生じることがあります。

  • 相続や贈与によって権利者が変わったのに登記が更新されていない場合、不動産の売買や担保設定がスムーズにできないことがあります。
  • 名義が異なる場合、
    不動産の売却益や費用の支払いに関する税金や法定義務が適切に処理されない可能性があります。
  • 名義変更が適切に行われていないと、放置された資産が相続放棄されたり、他の相続人による権利行使が行われることもあります。
  • 名義変更を怠ることで、家族や相続人間のトラブルが発生することがあります。
    適切な手続きを行うことで、円滑な関係を維持できます。

以上のリスクを回避するため、名義変更の手続きは適切なタイミングで行いましょう。
専門家に相談することで、適切な手続きができるので安心です。

土地相続時の名義変更は2024年4月に義務化

2024年4月から、土地相続時の名義変更が義務化されます。

これにより、相続が発生した場合には、一定期間内に名義変更の手続きを行わなくてはなりません。
適切な手続きがなされない場合、罰則が適用されることがあります。

義務化に伴い、名義変更手続きをスムーズに行うための支援策や情報提供も整備されることが期待されます。
遺産相続や不動産取引に関わる方は、新しい制度に注意して適切な手続きを行いましょう。

3年以内に名義変更をしなければ10万円以下の科料が科せられる

相続が発生した場合、不動産の名義変更手続きが必要になります。
この手続きを怠ると、法律で定められた期限内に名義変更を行わなかったとして、10万円以下の科料が科せられることがあります。

名義変更手続きは、相続登記とも呼ばれ、土地や建物の権利を相続人に移転させるために行われます。
相続が発生してから3年以内に手続きを完了させる必要があります。

また、過去に相続した土地でも、名義変更の義務があることを知っていますか。
名義変更手続きを怠っている土地や建物があれば、法定期限内に手続きを行わなければなりません。

遺産分割協議がまとまったら、役場や法務局に必要書類を提出し、手続きを進めます。
書類には、相続人全員の戸籍謄本や、遺産分割協議書・印鑑証明書などが必要です。

名義変更手続きを怠ってしまうと、不動産の売買や贈与ができなくなるだけでなく、違法行為として罰せられることもありますので、十分な注意が必要です。

相続登記が義務化された背景

相続登記が義務化された背景には、放置された土地や建物が増えている問題があります。
空き家が増えることで、地価の下落や景観の悪化などの社会問題が発生しています。

また、相続手続きが進まず、相続人が不明確なままの土地が多く存在することから、税金の未納や管理が行き届かない状況が生じています。
これらの問題を解決するために、相続登記が義務化されました。

相続登記の義務化により、相続が発生した際に、遺産分割協議を行い、土地や建物の名義変更を行うことが求められます。
これにより、土地や建物の正確な所有者が確定し、税金の未納や管理問題が改善されることが期待されます。

相続登記は3年以内に行わなければ、法律で定められた罰則が科せられることがあります。
不動産の名義変更手続きを怠らず、期限内に行うことが大切です。

すぐに手続きができないときは相続人申告登記をすればペナルティを避けられる

相続発生時に手続きが難しい場合、相続人申告登記を行うことでペナルティを回避できます。
これは法定期限内に相続登記をしなかった場合に適用されます。

相続登記は遺産分割協議が終わった後に行われる手続きですが、遺産分割協議が難航すると登記が遅れます。
このような場合に相続人申告登記を行うことで、ペナルティを避けられるのです。

具体的な手続きは戸籍謄本や申請書類の収集、司法書士への依頼が必要です。
書類の収集や書士への依頼は手間がかかりますが、その労力でペナルティを避けることができます。

相続登記の遅れによるペナルティは土地の売却や利用が制限されることや、税金の問題が発生します。

義務化に伴う手続きの変更点

名義変更が義務化されたことによる手続きの変更点は以下の通りです。

  • 相続登記の期限が明確化されました。
    法定期限内に手続きを完了しないとペナルティが適用されます。
  • 相続登記が義務化されたため、相続人すべてが申請に関与する必要があります。
  • 税金の問題が浮上しています。名義変更が遅れると、固定資産税などの滞納が起こります。

これらの変更点を踏まえ、相続登記の手続きを確実に進めることが求められます。

義務化のペナルティ以外に、相続登記をしないデメリット

相続登記をしないと、ペナルティだけでなく、以下のようなデメリットがあります。

  • 相続税の計算が難しくなる
  • 不動産の売却や贈与が困難になる
  • 遺産分割がスムーズに進まない

これらのデメリットは、手続が遅くなることで解決が難しくなることがあります。
相続登記を適切なタイミングで行い、問題を早期に解決することが重要です。

相続関係が複雑になって、手続きが困難になってしまう

相続関係が複雑になると、手続きが困難になることがあります。
以下のような状況が挙げられます。

  • 相続人が多数いる場合
  • 相続人同士の関係が悪化している場合
  • 相続財産の評価や分割が難しい場合

こうした状況では、手続きの遅れが問題をさらに悪化させることがあります。

名義変更の手続きは、所有者全員の同意が必要です。
そのため、家族間で意見が一致しない場合は、協議を進めることが大切です。
専門家への相談や、法定相続人間での協議が難しい場合は、弁護士や税理士といった専門家に依頼することも一つの選択肢です。

不動産の差し押さえや共有部分の売却などのリスクが残る

不動産の差し押さえや共有部分の売却などのリスクが残ることは、名義が変更されていない場合によくある問題です。
名義変更が行われていない場合、過去のオーナーが亡くなった際に、相続人に対して負担が発生することがあります。

また、共有部分を持つマンションやアパートの場合、名義が変更されていない不動産を売却しようとすると、共有部分の売却が難しくなることがあるため、注意が必要です。

このようなリスクを回避するためにも、名義変更に伴う手続きを適切に行い、所有権が正確に移転されることが重要です。

法的トラブルのリスク

名義変更が行われていない場合、法的トラブルが発生するリスクも存在します。

例えば、名義が変更されていない土地や建物に対して、他の相続人が名義変更や売却を求める権利が生じることがあります。

さらに、名義が変更されていない不動産が売却された場合、複数の相続人が名義人となっている場合があり、売買契約の無効を主張することも可能です。
法的トラブルを回避するためには、名義変更手続きを適切に行うことが重要です。

将来的な手続き費用の増加

名義変更を先延ばしにすると、将来的な手続き費用が増加する可能性があります。

理由として、手続きに必要な書類が失われたり、
情報が古くなったりすることで書類の再取得や追加審査が必要になるためです。

また、法定期限を過ぎると遅延税金が発生するケースもあります。

具体例として、遺産税の申告期限を逃すと、延滞金がかかります。
これらを考慮すると、名義変更手続きを早めた方が経済的にも有利です。

家族間の紛争リスク

名義変更の手続きを先延ばしにすると、家族間での紛争リスクが増える恐れがあります。

そのわけとは、遺産分割が不明確になることで、不満や疑問が生じやすくなるからです。

また、名義変更を行わないまま土地を売却しようとすると、権利関係が複雑になり、手続きが困難になることがあります。

相続人全員の承諾が必要な場合もあり、途中で誰かが反対すれば売却できなくなることもあります。
兄弟姉妹など、直接話し合うことが難しい場合も少なくありません。
財産分与にあたって何か質問があるなら専門家に相談しましょう。

手続きの進め方と注意点

不動産名義変更の手続きは複雑なため、注意が必要です。
以下に手続きの進め方と注意点を具体的に解説します。

  • 事前に必要書類を揃える
    名義変更の理由に応じて必要な書類を揃えます。
    遺産分割協議書や土地売買契約書など、必要書類を事前に準備しておくことが大切です。
  • 専門家に相談する
    専門家(司法書士や弁護士)に相談し、手続きの進め方や注意点を確認してください。
    専門家に依頼することで、ミスなく手続きが進められるでしょう。
  • 手続きの費用を確認する
    名義変更手続きには、登記申請費用や専門家への報酬が発生します。
    費用の詳細は事前に確認しておくことが重要です。
  • 登記済証を保管する
    名義変更が完了したら、法務局から交付される登記済証を大切に保管してください。
    これが、名義変更が完了した証拠となります。

①相続する土地の状態や権利関係を確認する

土地を相続する際には、まず土地の状態や権利関係を確認しましょう。
土地の状態については、土地の場所や面積、登記簿に記載されている登記情報を調べることが重要です。

権利関係の確認には、登記簿謄本を取得し、名義人や持分をチェックします。
また、抵当権や地役権の有無も確認しましょう。
不明な点は専門家に相談するのも良い選択です。

遺産分割協議を行う前に、被相続人は誰なのか、相続の範囲はどこまでなのかなど、
全ての相続人が土地情報を把握しておくことで、円滑な協議が進められます。

また、事前に土地の評価額を調べることも大切です。
評価額を把握しておくことで、遺産分割協議がスムーズに進むでしょう。
土地の評価額は、不動産業者に相談することで調べられます。

相続税の計算も重要です。
土地の評価額や他の遺産と合わせて計算し、対応策を立てましょう。

②遺言や遺産分割協議で土地を相続する人を確定する

土地を相続する人を確定するためには、遺言がある場合はその内容に従います。
遺言がない場合は、遺産分割協議を行い、相続人間で話し合って決定しましょう。

遺産分割協議では、相続人全員が合意できるような形で土地を分割することが重要です。
また、個々の希望や相続財産の総額、法定相続分や相続税の負担を考慮しながら協議を進めましょう。

協議が難航する場合や専門的な知識が必要と感じた際は、司法書士や弁護士に相談することもおすすめです。
彼らは中立的な立場で遺産分割協議をサポートしてくれます。

遺産分割協議が成立したら、遺産分割協議書を作成し、全員で署名・捺印します。
この協議書は、後の手続きで必要となります。

③手続きに必要な書類を収集・作成する

土地を相続する際には、手続きに必要な書類を収集・作成することが大切です。
まず、戸籍謄本や死亡診断書を用意しましょう。
これらは、相続手続きで重要な証明書類となります。

次に、遺産分割協議書の準備が必要です。
遺産分割協議が成立した場合は、前項で説明した協議書を用意しましょう。

そして、土地の登記を行うために、登記申請書を作成します。
この書類は、司法書士が作成することもできますが、自分で作成することも可能です。

また、登記手続きに必要な印鑑証明書や、登記簿謄本も準備しましょう。

最後に相続税の申告書を作成し、必要に応じて税務署へ提出します。
税理士に依頼することで、適切な申告書が作成できます。
税理士に相談するメリットとしては、生前贈与や遺贈などの節税についても、よいアドバイスを受けられることが期待できます。

④管轄する法務局で名義変更の申請をする

不動産の名義変更手続きは、管轄する法務局で行われます。
必要な書類を揃え、適切な手続きを踏むことで、スムーズに名義変更が完了するでしょう。

名義変更の理由によっては必要な書類が異なります。
例えば、相続による名義変更の場合は、遺産分割協議書や遺産税の申告書などが必要になります。
また、売買による名義変更では、登記簿謄本や土地売買契約書が求められます。
専門の司法書士や弁護士に相談し、適切な書類を揃えましょう。

申請には印鑑登録証明書や住民票の写しも必要となります。
また、申請者が登記簿に記載されている権利者であることを証明するため、登記簿謄本の取得も忘れずに行いましょう。

名義変更の申請が完了すると、法務局から登記済証が交付されます。
この登記済証を大切に保管しておくことが望ましいです。

印鑑登録が必要な場合は実印が必要になることもあります。

手続きの所要時間

不動産名義変更の手続き所要時間は、必要書類が揃っている場合、
申請から登記完了まで約1週間から2週間程度です。
ただし、書類の内容に不備があったり、法務局の混雑状況によっては、
所要時間が変動することがあります。

名義変更の理由や状況によっては、手続き時間が異なります。
例えば、相続による名義変更では、遺産分割協議の時間や遺産税の申告期間が影響し、
所要時間が長くなることがあります。
また、売買による名義変更では、土地売買契約や登記手続きの進行状況によって、
所要時間が変わることがあります。

自分で行う場合

不動産の名義変更を自分で行う場合なら、まずは遺産分割協議書の作成が必要です。
これには相続人全員の合意が必要で、分割方法や財産の評価が明記されていることが大切です。

次に、必要書類を揃えましょう。
戸籍謄本や不動産登記簿謄本、相続登記申請書などが必要となります。
また、遺産税申告が必要な場合は、遺産税の納税証明書も準備してください。

書類が揃ったら、管轄の法務局へ提出しましょう。
相続登記の申請は、遺産分割協議が終わった後であればいつでも可能ですが、遺産税申告の期限に注意してください。

登記手続きが完了すると、新しい名義に変更された不動産の登記簿謄本が発行されます。
この謄本を確認して、名義変更が正確に行われたかどうかをチェックしましょう。

不明点や問題がある場合は、専門家に相談することも大切です。
スムーズな手続きのためにも、適切なアドバイスを求めましょう。

相続登記をおこなう際の主な必要書類

相続登記を行う際には、いくつかの必要書類があります。
まず、戸籍謄本を用意しましょう。これにより相続人やその関係が明確になります。
次に、遺産分割協議書を準備します。遺産分割協議書は、相続人間で遺産の分割方法を取り決めた書類です。
また、不動産登記簿謄本も必要となります。これは不動産の現行登記情報を確認するためのものです。
さらに、相続登記申請書を作成し、全ての相続人が署名をする必要があります。

遺産税が発生する場合は、遺産税申告書と納税証明書も必要です。

必要書類の一覧

  1. 戸籍謄本
  2. 不動産登記簿謄本
  3. 遺産分割協議書
  4. 固定資産評価証明書
  5. 遺産税申告書
  6. 遺言書(ある場合)
  7. 贈与証明書(ある場合)

これらが必要書類の一例ですが、ケースによっては他にも書類が必要になることがあります。

例えば、預貯金通帳や生命保険証券、株式などの有価証券など、相続財産に関わる書類も提出が求められることがあります。

また、相続財産の中に自動車や船舶がある場合、それぞれの所有権移転手続きに関する書類が必要です。

各書類の取得方法

戸籍謄本は、本籍地の役場や市区町村の戸籍窓口で申請が可能です。
また、遠方の場合は郵送申請ができます。

不動産登記簿謄本は、所在地管轄の法務局で請求します。
同じく郵送申請も可能です。

また、遺産分割協議書は、相続人全員が合意できた場合に作成し、公証人役場や司法書士に依頼することが一般的です。

土地や建物の評価額を知るために、固定資産評価証明書を申請することが必要で、これは、該当する市区町村役場で取得できます。

相続税申告書については、国税庁のウェブサイトや税務署で配布されている書類を使用します。

書類の準備と注意点

書類を準備するにあたり、記載事項の正確さと期限を守ることは重要です。
特に、戸籍謄本不動産登記簿謄本は、提出期限が定められているため、余裕を持って取得しましょう。

遺産分割協議書には、相続人全員の同意が必要です。
また、署名・捺印も忘れずに行いましょう。

固定資産評価証明書は、評価時期によって異なることがあるため、適切な時期のものを取得しましょう。

遺産税申告書は、記載漏れや誤りがないか確認することが重要です。
また、申告期限を守ることが義務付けられていますので、注意が必要です。

土地の相続登記にかかる主な費用

土地の相続登記にかかる主な費用は、
必要書類の取得費用、司法書士への報酬、登録免許税があります。
これらの費用は、相続人が亡くなった方の遺産を正式に引き継ぐために欠かせない手続きです。

実際にいくらかかるのかはケースによって異なりますが、通常、相続人の数や土地の評価額に応じて違いが出ます。
また、遺産の分割や土地の売却を検討している場合は、専門家と相談することもお勧めです。

必要書類の取得費用 | 全てあわせると数千円~

必要書類の取得費用は、全てあわせると数千円程度です。

具体的には、戸籍謄本や死亡証明書、遺産分割協議書などの書類が必要となります。
これらの書類は、役場や法務局で取得できます。

また、土地の名称変更には、土地家屋調査士に依頼が必要となる場合もありますので、この費用も考慮しておくことが望ましいです。

登録免許税 | 相続登記をする際にかかる税金

相続登記にかかる税金としては、登録免許税があります。
この税金は、土地の評価額や相続人の数によって変動します。

一般的に、登録免許税は数千円から十数万円程度ですが、高額な土地を相続する場合は、さらに高額になることもあります。

登録免許税は、相続登記手続きの際に法務局へ納付する必要があります。

司法書士などへの報酬 | 依頼する場合に発生する

専門家に依頼する場合の費用は、以下のような内訳で構成されています。

  • 報酬: 名義変更手続きにかかる専門家への報酬です。事務所によっては固定料金制となっている場合があります。
  • 司法書士手数料: 土地の名義変更に関する手続きや書類作成にかかる費用です。
  • 登記費用: 法務局での登記手続きにかかる費用です。土地や建物の価格に応じて変動することがあります。
  • 登録免許税: 名義変更に伴って発生する税金です。

これらの費用が合計され、専門家に依頼する場合の費用となります。
見積もりを取る際に各費用の内訳を確認しましょう。
報酬はケースによって異なりますが、一般的な相続手続きや不動産登記の場合、報酬は数万円から数十万円程度となります。

各費用の具体例とその算出方法

相続手続きや不動産登記に関する各費用の具体例とその算出方法を解説します。
まず、司法書士への報酬は、手続きの難易度や内容によって異なります。基本報酬は、例えば相続登記の場合、20,000円〜50,000円程度ですが、内容が複雑であれば追加料金が発生します。

つづいて、遺産税の計算です。遺産の評価額や相続人数によって遺産税は大きく変わります。
遺産の評価額から基礎控除額を引いた金額に課税率を適用し、遺産税額を算出します。

また、不動産登記費用には、登録免許税や印紙代、登記事項証明書の交付費用などが含まれます。
これらの費用は、登記の内容や対象不動産の価格によって変動します。

土地の名義変更についてよくある質問

土地の相続登記は自分でできますか?

土地の相続登記は、基本的に自分で手続きを行うことができます。
しかし、手続きには専門的な知識であり、書類の準備を自分で行うことが必要です。

まず、土地の登記簿謄本や戸籍謄本を取得し、相続人の確認を行います。
次に、相続登記申請書に必要事項を記入し、
関連書類を添付して法務局へ提出することが求められます。

名義変更をしていない場合、相続税はかかりますか?

名義変更をしていない場合でも、相続税は発生する可能性があります。

相続税は、相続人が財産を取得した時点で課税対象となります。
名義変更の有無に関わらず、相続が発生したら遺産の評価と相続税の計算が必要です。

相続税の申告は、相続が開始された日から10ヶ月以内に行わなければなりません。
適切な申告ができないと、罰則が科せられる場合がありますので、注意が必要です。

名義変更の手続きにかかる時間は?

名義変更の手続きにかかる時間は、
書類の準備や手続きの内容、関係者の協力状況などによって異なります。
一般的には、1ヶ月から3ヶ月程度とされていますが、
内容によってはより時間がかかるケースもあります。

名義変更の手続きをスムーズに進める方法は?

不動産の名義変更をスムーズに行うためには、以下の方法が役立ちます。

  1. まずは、必要な書類をリストアップしましょう。
    一般的には、戸籍謄本や不動産登記簿謄本、印鑑証明書などが必要です。
    分割や贈与が関係する場合は、遺産分割協議書や贈与税申告書も用意する必要があります。
  2. 次に、関係する全員の同意を得ておくことが重要です。
    名義変更に関しては、全員の承諾が必要な場合がありますので、
    事前に話し合っておくことが大切です。
  3. また、専門家(司法書士や弁護士)に相談し、
    手続きの流れや注意点を理解しておくことも助けになります。
    専門家のアドバイスに従って進めることで、スムーズに手続きが進む可能性が高まります。
  4. 自分で手続きを行う場合は、
    事前に役所や法務局のウェブサイトで手続き方法や必要書類の提出先などを確認しておくと、
    手続き中の混乱を避けられます。
  5. 最後に、手続きにあたって掛かる費用や所要時間を十分に見積もっておくことも忘れずに。

まとめ

不動産の名義変更は相続が発生した際に必要な手続きの一つです。
この手続きを進めるためには、いくつかの重要な書類が必要であり、特定の費用がかかります。

以下の書類が必要となります

  1. 死亡証明書:故人の死亡を証明するために必要です。
  2. 遺言書(もし存在する場合):故人が遺言を残している場合、その内容に従って手続きを行います。
  3. 戸籍謄本:故人および相続人全員の戸籍謄本が必要です。
  4. 相続関係説明図:相続人の関係を明確にするための書類です。
  5. 不動産登記簿謄本:名義変更する不動産の現在の登記状況を確認するために必要です。

主な費用は以下の通りです

  • 登録免許税:不動産の価値に基づいて計算され、登記を行うために必要な税金です。
  • 司法書士報酬:名義変更の手続きを代行してくれる司法書士への報酬。
  • その他の諸経費:戸籍謄本の取得費用や交通費など。

名義変更をスムーズに行うためには、これらの書類を事前にしっかりと準備し、
必要な費用を確認しておくことが大切です。
また、手続きに不安がある場合は、専門家に相談することをお勧めします。
弁護士や司法書士は、これらの手続きに精通しており、適切なアドバイスを提供してくれます。

相続登記や名義変更の手続きは煩雑ですが、
適切な手続きが完了すれば、安心して不動産を相続・管理できます。
困ったときは遠慮せず、司法書士や弁護士、税理士などの専門家に相談しましょう。

相続が発生した際は、早めに手続きを始めて家族の安心を守り、相続を「争族」としないように親や先代の財産を継承しましょう。

前の記事へ Button arrow Back to index 一覧に戻る

お問い合わせ

当事務所では、相談するにあたり紹介者は必要ありません。

どなたでもお気軽にご相談いただく事ができます。

お急ぎの方は、その日の相談 「即日相談制度」 を受け付けております。

Back top