福島県いわき市の弁護士事務所「すがた法律事務所」です。企業再生・再建交通事故、相続、離婚、不動産問題等、法律に関する問題はお気軽にご相談下さい。
交通事故を起こしたら
2023.07.03
解決事例
お役立ち情報
交通事故
交通事故を起こしたら

交通事故を起こしたら

交通事故は、誰にでも起こりうるものです。事故に遭った場合、自分で解決することができない場合も考えられます。  

弁護士を雇う

事故を起こしてしまった場合、弁護士を雇うことができます。   小名浜市内の事故の場合、色々な状況に対して柔軟に対応することが求められます。そのため、時間をかけて、丁寧に進めていくためには、専門の力を借りて第三者目線で行ったり、公的なルールに従って対応したりすることが求められています。   まず交通事故を起こした後は、以下の手順を参考にすることが一般的です。  

弁護士の選定

信頼できる弁護士を選ぶことが重要になります。以下の方法で弁護士を探すことができます。  

口コミや紹介

友人や家族、同僚などからの口コミや紹介を得ることができるのです。 弁護士会や法律相談機関: 地元の弁護士会や法律相談機関に連絡し、推薦される弁護士を探すこともできます。  

インターネット検索

弁護士の専門分野や小名浜市内の地域を指定してインターネットで検索することができます。  

初回相談

選んだ弁護士との初回相談を行います。初回相談は通常無料または低額で提供されます。この相談を通じて、弁護士の経験や専門知識、費用、契約条件などについて話し合い、相性や信頼性を確認することが重要になります。  

依頼契約

初回相談後、弁護士に依頼するかどうかを判断します。依頼する場合は、弁護士との間で契約を結びます。契約には、費用、報酬、責任範囲、契約期間などが対象になります。契約書をよく読み、納得した上で署名することが求められます。  

進行と連絡

依頼契約が成立したら、弁護士が交通事故のケースを進めるための手続きを行います。進行状況や重要な情報については、定期的に弁護士と連絡を取り合いましょう。   弁護士の選定や依頼に関しては、個々の事案や地域によって異なる要素があるため、具体的なケースに合わせたアドバイスを提供するためには、地元の弁護士事務所や法律相談機関に相談することが重要です。  

交通事故の弁護士費用

  続いて、交通事故の弁護士費用について説明いたします。 交通事故の弁護士費用は、場合によって異なります。交通事故が起きたその際に依頼することになります。一般的には、以下のような費用がかかる場合があります。  

初回相談料

弁護士に相談するための初回料金です。一部の弁護士事務所では無料の相談を提供している場合もあります。よく確認しておきましょう。交通事故の弁護士と初めて面談する際には、初回相談料がかかることがあります。この費用は、弁護士によって異なりますが、一般的には数万円程度です。入会費のような位置付けであるため、一時的な費用になります。今後同じ弁護士事務所へ依頼する際にはかからないことが考えられます。  

事件受任料

弁護士に実際に依頼する場合に支払われる料金です。一般的には事案の複雑さや争点の重要性に基づいて計算されます。依頼者は安くしたいという気持ちも湧いてくるかもしれません。しかし、後々調べて浮き出てくる場合、またさらに金額調整でより多くの金額をお支払いする必要が出てくる可能性もあります。そのため、最初から正直に起きていたことをお話していきましょう。弁護士が事件を受任する際には、事件受任料が発生します。この費用も、弁護士によって異なりますが、数万円から数十万円程度が一般的です。この部分がおおもとになっていきます。事前に確認しておきましょう。  

成功報酬料

一部の弁護士は、事件が成功した場合に得られる賠償金の一部を報酬として請求することがあります。報酬の割合は、契約によって異なります。 状況を精査するだけでなく、裁判での判断でさらに状況が一変します。金額だけに執着せず、何が正しいなど周りの方の見方、また世間の目を知ることも人生の経験や気づきに繋がります。交通事故の弁護士は、事件が解決した場合に報酬を受け取ります。この報酬は、事件の結果によって変動していきます。例えば、示談で解決した場合は、解決金額の一定割合が報酬となります。一般的には、成功報酬料は10~30%程度が一般的です。  

実費

弁護士が事件を進める上で必要な費用が発生する場合があります。例えば、書類の作成や証拠の収集のための交通費や宿泊費などがあります。これらの費用は、実費で弁護士に支払う必要があります。弁護士が事件のために支払った費用(書類作成、調査、証拠収集など)が含まれます。これらの費用は別途請求される場合もあります。 最近はインターネットなどインボイス制度が精通してきているため、無駄な手順や経費を生まないよう弁護士事務所側も徹底しています。そのため、通信費などは加わるものの昔に比べてお安く設定されていることが多いです。  

交通事故の弁護士費用を抑える方法

そして、交通事故の弁護士費用を抑える方法もあります。いくつかの方法を紹介します。  

初回相談料の有無を確認する

初回相談料がかかる場合があるため、事前に確認することが重要です。初回相談料が無料である弁護士もいるため、複数の弁護士に相談し、費用の比較を行うことも大切です。。  

成功報酬料の交渉をする

成功報酬料は、事件の結果によって変動していきます。その内容によるため、別途オプションのような位置付けで発展していきます。事故の種類によるものもあれば、複雑に絡み合うようなものであれば、さらに条件は複雑化していくでしょう。依頼者様はある程度の費用を用意していくことが必要です。 それでは具体的に費用の要素はどのような仕組みになっているのか、確認していきましょう。 交通事故の弁護士費用は、さまざまな要素によって異なります。以下に一般的な費用の概要を示しますが、具体的な金額は個別の事案や弁護士との契約によって異なる場合があります。  

まとめ

弁護士費用は地域や弁護士事務所によっても異なるため、具体的な金額を知るためには、小名浜市内の弁護士事務所に直接相談することが重要です。また、交通事故に関する法的支援を提供する非営利団体や法律援助センターなども存在する場合があります。   仮に、事故が起きたとして、直接依頼をしなければならない場面になったとします。その場合、一刻も早くという思考になり、慌てて近くの近所を探したり、インターネットで調べて全国規模の大手の事務所に対応してもらったりすることを考えるかもしれません。   いろんなことに共通して言えることですが、比較することを怠らないでいただきたいと感じます。金額面においてだけでなく、知識量や親身になってもらえるかどうかなど、距離感も大切になっていきます。 同じ人間であっても、言い方やまとめ方など、相性があります。同じ金額や時間をお渡しするのであれば、説明がわかりやすく頼りがいがあると感じられることを基準に判断されるといいでしょう。   今の時点で、気になる方はいろんな弁護士事務所を確認し、インターネットでお気に入り登録するくらいの気持ちでキープしておくことが大事です。 人間関係を構築することで、敵か味方かをつくることにもつながると日々生きていると感じることが多いです。もちろん、日本国内にある法律に沿って行うことがあります。しかしいろんな考え方を持つことや人によって現実が変わることも考えられます。 そのようにいろんな考え方を持つことで大事になります。   法律は遠くて近い存在なのです。より近しい見方をするためには、具体的には日常生活でニュースを見ることが大事です。日常生活の気づきをインプットしていきましょう。
前の記事へ Button arrow Back to index 一覧に戻る 次の記事へ Button arrow

お問い合わせ

当事務所では、相談するにあたり紹介者は必要ありません。

どなたでもお気軽にご相談いただく事ができます。

お急ぎの方は、その日の相談 「即日相談制度」 を受け付けております。

Back top